会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 練習問題
  2. 行政法
  3. 行政手続法
  4. 9-1

行政手続法9-1 不利益処分(弁明の機会の付与)

問題 更新:2021-12-26 15:00:33

行政手続法における弁明の機会の付与に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 弁明の機会の付与は、弁明を記載した書面を提出して行うものであり、口頭ですることは認められていない。
  2. 弁明の機会の付与の通知では、通知事項に加えて、証拠書類等を提出することができる旨を教示しなければならない。
  3. 弁明の機会の付与では、代理人を選任することができる。
  4. 弁明の機会の付与を経てされた不利益処分については、審査請求をすることができない。
  5. 弁明の機会の付与において、弁明を記載した書面を反論書という。
  解答&解説
  1. 練習問題
  2. 行政法
  3. 行政手続法
  4. 9-1

ページ上部へ