会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 練習問題
  2. 行政法
  3. 行政手続法
  4. 3-1

行政手続法3-1 適用除外等

問題 更新:2021-12-26 14:46:05

行政手続法の適用範囲に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 地方公共団体の機関がする処分については、それが国の法定受託事務に該当する場合に限り、行政手続法の規定が適用される。
  2. 地方公共団体の機関が命令等を定める行為については、その根拠となる規定が条例または規則に置かれていないものについては、行政手続法の命令等に関する規定が適用される。
  3. 地方公共団体の機関に対する届出については、その根拠となる規定が条例または規則に置かれている場合、行政手続法の届出に関する規定が適用される。
  4. 地方公共団体の機関がする不利益処分については、その根拠となる規定が国の法律に置かれている場合は、行政手続法の不利益処分に関する規定が適用される。
  5. 地方公共団体の機関がする行政指導については、その根拠となる規定が国の法律に置かれている場合は、行政手続法の行政指導に関する規定が適用される。
  解答&解説
  1. 練習問題
  2. 行政法
  3. 行政手続法
  4. 3-1

ページ上部へ