会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 練習問題
  2. 多肢選択式
  3. 憲法
  4. 8-1

[多肢] 憲法8-1 憲法改正

問題 更新:2022-07-19 14:05:05

憲法改正に関する次の文章の空欄[ ア ]~[ エ ]にあてはまる語句を、枠内の選択肢(1~20)から選びなさい。

憲法96条では「この憲法の改正は、各議院の[ ア ]の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。」と憲法改正手続を規定しており、通常の法改正以上に厳格な手続を要求しているため、日本国憲法は[ イ ]にあたる。日本国憲法は施行以後、一度も改正されたことはないが、改正にあたってはいかなる改正が可能かについて、学説上大別して、[ ウ ]と[ エ ]との争いがある。
[ ウ ]は、憲法の定める手続に従えば、限界なく改正が可能というものである。一方、[ エ ]は憲法改正手続に従った改正といえども、改正前憲法の基本原理・根本規範を改めてしまうような改正はできないというものである。
[ エ ]が通説とされているが、双方の説にもさらにいくつかの学説がある。
なお、憲法改正を実施するためには、法律の制定が必要になるが、この点、2007年に日本国憲法の改正手続に関する法律が制定されている。

  1. 硬性憲法
  2. 総議員の3分の2以上
  3. 形式的意味の憲法
  4. 総議員の過半数
  5. 実質的意味の憲法
  6. 憲法改正無限界説
  7. 固有の憲法
  8. 出席議員の3分の2以上
  9. 立憲的意味の憲法
  10. 出席議員の過半数
  11. 総議員の4分の3以上
  12. 出席議員の4分の3以上
  13. 憲法改正必要説
  14. 憲法改正不必要説
  15. 相対的憲法改正説
  16. 絶対的憲法改正説
  17. 軟性憲法
  18. 憲法改正限界説
  19. 憲法改正不可能説
  20. 憲法改正可能説
  解答&解説
  1. 練習問題
  2. 多肢選択式
  3. 憲法
  4. 8-1

ページ上部へ