会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 練習問題
  2. 多肢選択式
  3. 憲法
  4. 1-8

[多肢] 憲法1-8 総論

問題 更新:2022-07-19 12:07:33

次の文章は、ある最高裁判所判決の一節である。空欄[ ア ]~[ エ ]にあてはまる語句を、枠内の選択肢(1~20)から選びなさい。

憲法25条は、いわゆる福祉国家の理念に基づき、すべての国民が健康で文化的な最低限度の生活を営みうるよう国政を運営すべきこと(1項)並びに社会的立法及び社会的施設の創造拡充に努力すべきこと(2項)を国の[ ア ]として宣言したものであるが、同条1項は、国が個々の国民に対して具体的・現実的に右のような義務を有することを規定したものではなく、同条2項によって国の[ ア ]であるとされている社会的立法及び社会的施設の創造拡充により個々の国民の具体的・現実的な生活権が設定充実されてゆくものであると解すべきこと、そして、同条にいう「健康で文化的な最低限度の生活」なるものは、きわめて[ イ ]・相対的な概念であって、その具体的内容は、その時々における文化の発達の程度、経済的・社会的条件、一般的な国民生活の状況等との相関関係において判断決定されるべきものであるとともに、同条の規定の趣旨を現実の立法として具体化するにあたっては、国の財政事情を無視することができず、また、多方面にわたる複雑多様な考察とそれに基づいた[ ウ ]判断を必要とするから、同条の規定の趣旨にこたえて具体的にどのような立法措置を講ずるかの選択決定は、立法府の広い裁量にゆだねられており、それが著しく[ エ ]を欠き明らかに裁量の逸脱・濫用と見ざるをえないような場合を除き、裁判所が審査判断するに適しない事柄である・・・。

(最判平成元年3月2日判例時報1363号68頁以下)

  1. 合理性
  2. 目的
  3. 警察的
  4. 消極的
  5. 政策的
  6. 事実的
  7. 有効性
  8. 妥当性
  9. 平等性
  10. 抽象的
  11. 常識
  12. 財政的
  13. 目標
  14. 負担
  15. 責務
  16. 統治的
  17. 法的義務
  18. 責任
  19. 債務
  20. 裁量権
  解答&解説
  1. 練習問題
  2. 多肢選択式
  3. 憲法
  4. 1-8

ページ上部へ