会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 令和元年
  4. 問48

令和元年-問48 一般知識等 政治

Level3

問題 更新:2020-01-07 11:09:02

女性の政治参加に関する次の文章の空欄[ア]~[オ]に当てはまる語句の組合せとして、妥当なものはどれか。

日本において女性の国政参加が認められたのは、[ア]である。その最初の衆議院議員総選挙の結果、39人の女性議員が誕生した。それから時を経て、2017年末段階での衆議院議員の女性比率は[イ]である。列国議会同盟(IPU)の資料によれば、2017年末の時点では、世界193か国のうち、下院または一院制の議会における女性議員の比率の多い順では、日本はかなり下の方に位置している。
また、国政の行政府の長(首相など)について見ると、これまで、イギリス、ドイツ、[ウ]、インドなどで女性の行政府の長が誕生している。しかし、日本では、女性の知事・市区町村長は誕生してきたが、女性の首相は誕生していない。
2018年には、「政治分野における[エ]の推進に関する法律」が公布・施行され、衆議院議員、参議院議員及び[オ]の議会の議員の選挙において、男女の候補者の数ができる限り均等になることを目指すことなどを基本原則とし、国・地方公共団体の責務や、政党等が所属する男女のそれぞれの公職の候補者の数について目標を定めるなど自主的に取り組むように努めることなどが、定められた。

1. 第二次世界大戦後約3割アメリカ男女機会均等都道府県
2. 第二次世界大戦後約1割タイ男女共同参画地方公共団体
3. 大正デモクラシー期約3割ロシア男女共同参画都道府県
4. 第二次世界大戦後約1%中国女性活躍地方公共団体
5. 大正デモクラシー期約1割北朝鮮男女機会均等都道府県
  解答&解説

正解 2

解説

ア.第二次世界大戦後

女性の国政参加が認められたのは、第二次世界大戦終結後の1945(昭和20)年12月公職選挙法からである。

イ.約1割

列国議会同盟のレポート(2018年版)によると、日本の女性国会議員比率(衆院)は10.2%で、193ヵ国中165位であり、衆議院議員の女性比率は約10%である。

ウ.タイ

問題文にある国のほか、2011年7月の総選挙で勝利したタイ貢献党のインラック・シナワット党首がタイで初の女性首相に就任している。

エ.男女共同参画

2018年(平成30年)5月23日、衆議院議員、参議院議員及び地方公共団体の議会の議員の選挙において、男女の候補者の数ができる限り均等になることを目指すことなどを基本原則とした「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」が公布・施行された。

オ.地方公共団体

「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」では、国及び地方公共団体の責務や、政党等が所属する男女のそれぞれの公職の候補者の数について目標を定めるなど自主的に取り組むように努めることなどが定められている。

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 令和元年
  4. 問48

ページ上部へ