会員登録で講義動画、練習問題集、各種テスト、ウェブ模試などが使えます。問題数3000超。問題と連動した分かる講義動画。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成28年
  4. 問54

平成28年-問54 情報通信

レベル3

問題 更新:2016-12-08 18:03:39

人工知能に関する次の文章の空欄[ Ⅰ ]~[ Ⅳ ]に当てはまる語句の組合せとして、妥当なものはどれか。

コンピュータの処理速度や記憶容量が向上しさえすれば、人間と同じように思考するコンピュータを開発することができると考えられた時期もあった。最近、将棋や囲碁の対局でコンピュータがトップレベルの棋士に勝利するようになったと報道された。その発展は、コンピュータに過去の大量の対局データをインプットし、更にそのデータに基づいて最適の解を導けるようコンピュータ自身で学習し実力を高める仕方を覚えられるようになったからといわれている。
このようなコンピュータの発展動向は、従来コンピュータが得意な能力は検索や[ Ⅰ ]であって人が得意な能力としては工夫や[ Ⅱ ]が代表的なものと考えられてきたが、今ではコンピュータもこれまで人間が得意としてきた[ Ⅲ ]や[ Ⅳ ]に類する能力を持ち始めたことを意味している。

ア 感情イ 認知ウ 想像エ 論証オ ひらめき
カ 創造キ 差別ク 記憶ケ 計算コ 推論
1.
2.
3.
4.
5.
  解答&解説

正解 4

解説

昨今話題になっている人工知能についての問題である。
なお、本問は人工知能についての問題であるが、なんら専門的な知識を問うものではない。本問は多分に国語的な要素が強く、丁寧に読んでいけば解ける問題である。
注意するべきは、「Ⅰ」から順番に埋めていこうとしないことである。結果として正解が導ければよいわけであるから、「Ⅱ」以降からでも、選択肢を絞っていければよい。本問は「Ⅱ」以降から選択肢を絞っていけば解けた問題であろう。

Ⅱ.カ

Ⅱの前にある文章は「人が得意な能力としては工夫や~」とある。つまりⅡに入る単語は、能力と呼べるものであることが分かる。
したがって、アの「感情」及びキの「差別」でないことが分かることから、選択肢1及び2は正解ではないと分かる。

Ⅲ.オ

Ⅲの前にある文章は「今ではコンピュータもこれまで人間が得意としてきた~」とあるから、Ⅲには「人間が得意としてきたもの」が入る。
選択肢1及び2は既に除外しているから、Ⅲにはオかクが入る。このうち、人間が得意としてきたものとしてはクの「記憶」よりも、オの「ひらめき」が妥当である。
したがって、選択肢5は正解ではないと分かる。

Ⅳ.コ

Ⅲの前にある文章は「今ではコンピュータもこれまで人間が得意としてきた~」とあるから、Ⅳには「人間が得意としてきたもの」が入る。
選択肢1、2及び5は既に除外しているから、Ⅳにはクかコが入る。このうち人間が得意としてきたものとしてはクの「記憶」よりも、コの「推論」が妥当である。
したがって、選択肢3は正解ではないと分かる。

Ⅰ.ケ

以上の消去法により、Ⅰにはケが入ると分かる。
なお、Ⅰの前にある文章は「従来コンピュータが得意な能力は検索や~」というものであるから、Ⅰには「コンピュータが得意な能力」が入る。クの「記憶」も、ケの「計算」も、いずれもコンピュータができそうなものである。
したがって、Ⅰだけ見ていては答えを迷ってしまうが、上記Ⅱ~Ⅳまでの検討により、Ⅰにはケの「計算」が入る。

結論としては、「ケ→カ→オ→コ」の順番であり、選択肢4が正解である。

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成28年
  4. 問54


ページの
先頭へ