会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 練習問題
  2. 商法
  3. 会社法Ⅰ
  4. 3-9

会社法Ⅰ3-9 株式

問題 更新:2021-12-27 11:46:21

株式に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 株券を占有しているからといって、その者が当該株券に係る株式についての権利を適法に有するものと推定されるわけではない。
  2. 株券の交付を受けた者は、たとえその者が真の権利者ではなくその事について悪意又は重大な過失があっても、当該株券に係る株式についての権利を取得する。
  3. 株主は、その有する株式に質権を設定することができるが、株券発行会社の株式の質入れは、当該株式に係る株券を交付しなければ、その効力を生じない。
  4. 株式会社が株主に対してする通知又は催告が3年以上継続して到達しない場合には、株式会社は、当該株主に対する通知又は催告をすることを要しない。
  5. 株主に剰余金の配当を受ける権利及び残余財産の分配を受ける権利の全部を与えない旨を定款に定めた場合、その定めは有効である。
  解答&解説
  1. 練習問題
  2. 商法
  3. 会社法Ⅰ
  4. 3-9

ページ上部へ