会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 練習問題
  2. 商法
  3. 会社法Ⅰ
  4. 3-3

会社法Ⅰ3-3 株式

問題 更新:2021-12-27 11:44:49

株式買取請求権に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 譲渡による当該株式の取得について当該株式会社の承認を要する旨の定款変更決議に反対する株主は、当該株式会社に対し、株式買取請求権を行使することができる。
  2. 議決権制限株式を発行する旨の定款変更決議に反対する株主は、当該株式会社に対し、株式買取請求権を行使することができる。
  3. 株式買取請求があった場合において、株式の価格の決定について、株主と株式会社との間に協議が調ったときは、株式会社は、効力発生日から10日以内にその支払をしなければならない。
  4. 株式買取請求をした株主は、支払われるまでの間は、当該株主の意思でその株式買取請求を撤回することができる。
  5. 合併承認決議に反対する株主からの買取請求により支払った金額が分配可能額を超えた場合には、取締役はその超過額について責任を負う。
  解答&解説
  1. 練習問題
  2. 商法
  3. 会社法Ⅰ
  4. 3-3

ページ上部へ