会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 練習問題
  2. 商法
  3. 会社法Ⅰ
  4. 2-9

会社法Ⅰ2-9 株式会社の設立等

問題 更新:2021-12-27 11:43:39

株式会社の設立手続における創立総会に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 発起人は、募集株式の払込期日または払込期間経過後、設立登記の前までに、創立総会を招集しなければならない。
  2. 創立総会においても、株主総会で認められている書面による議決権行使や電磁的方法による議決権行使ができる。
  3. 創立総会における普通決議は、原則として当該創立総会において議決権を行使することができる設立時株主の議決権の過半数であって、出席した当該設立時株主の議決権の3分の2以上の賛成により成立する。
  4. 発起人、設立時取締役または設立時監査役が株式会社の設立にあたり任務を怠り、会社に損害を生じさせた場合、当該責任は、総株主の同意があれば免除することができる。
  5. 創立総会での決議により定款が変更された場合には、当該決議に反対した設立時株主は、会社成立後において、当該株式の買取りを請求することができる。
  解答&解説
  1. 練習問題
  2. 商法
  3. 会社法Ⅰ
  4. 2-9

ページ上部へ