会員登録で講義動画、練習問題集、各種テスト、ウェブ模試などが使えます。問題数3000超。問題と連動した分かる講義動画。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成21年
  4. 問16

平成21年-問16 行政事件訴訟法

レベル4

問題 更新:2019-04-30 17:43:14

行政事件訴訟法に関する次のア~オの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

ア.国の行政庁がした処分に関する取消訴訟の被告は、国である。

イ.国の行政庁が行うべき処分に関する不作為の違法確認訴訟の被告は、当該行政庁である。

ウ.国の行政庁が行うべき処分に関する義務付け訴訟の被告は、当該行政庁である。

エ.国の行政庁が行おうとしている処分に関する差止め訴訟の被告は、当該行政庁である。

オ.国又は地方公共団体に所属しない行政庁がした処分に関する取消訴訟の被告は、当該行政庁である。

  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ
  5. 五つ
  解答&解説

正解 2

解説

ア.正しい。

処分又は裁決をした行政庁が国又は公共団体に所属する場合には、取消訴訟は、当該処分又は裁決をした行政庁の所属する国又は公共団体を被告として提起しなければならない(行政事件訴訟法11条1項)。

イ.誤り。

不作為の違法確認訴訟でも同法11条1項が準用されている(行政事件訴訟法38条1項)。
したがって、被告は国である。

ウ.誤り。

義務付け訴訟でも同法11条1項が準用されている(行政事件訴訟法38条1項)。
したがって、被告は国である。

エ.誤り。

差止め訴訟でも同法11条1項が準用されている(行政事件訴訟法38条1項)。
したがって、被告は国である。

オ.正しい。

処分又は裁決をした行政庁が国又は公共団体に所属しない場合には、取消訴訟は、当該行政庁を被告として提起しなければならない(行政事件訴訟法11条2項)。

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成21年
  4. 問16


ページの
先頭へ