会員登録で講義動画、練習問題集、各種テスト、ウェブ模試などが使えます。問題数3000超。問題と連動した分かる講義動画。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成30年
  4. 問59

平成30年-問59 文章理解

レベル3

問題 更新:2019-01-18 16:00:06

本文中の空欄[Ⅰ]~[Ⅴ]には、それぞれあとのア~オのいずれかの文が入る。その組合せとして妥当なものはどれか。

*本文非掲載

約647字

[   Ⅰ   ]
[   Ⅱ   ]
[   Ⅲ   ]
[   Ⅳ   ]
[   Ⅴ   ]

(出典 原研哉「白」から)

1.
2.
3.
4.
5.
  解答&解説

正解 2

解説

※著作権の都合上、本文は掲載いたしません。


リード文直後の空欄[ Ⅰ ]は段落で区切られず一続きになっている。これもヒントの一つである。

まず、ウとエがリード文につながらないことは比較的簡単に判断できる。ウ「そうした」、エ「このような」は、その前に具体的な内容が必要だからである。 ここで1「イ→エ」、2「イ→オ」、5「オ→イ」に絞られる。

次に、イ「押印したり・・・という行為」がオ「・・・印を押すという行為」に、イ「訂正不能な出来事が固定されるというイマジネーション」は、オ「明らかに不可逆性の象徴」に、それぞれ対応することから「イ→オ」が判断できる。

さらに、ウ「そうした不可逆性が生み出した営み」は、ア「思索を言葉として定着させる行為もまた・・・という不可逆性、そして・・・というさらに大きな不可逆性を発生させる営み」を指すと判断できるところから「ア→ウ」が導き出せる。

以上により、2「イ→オ→ア→ウ→エ」が妥当である。

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成30年
  4. 問59


ページの
先頭へ