会員登録で講義動画、練習問題集、各種テスト、ウェブ模試などが使えます。問題数3000超。問題と連動した分かる講義動画。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成30年
  4. 問58

平成30年-問58 文章理解

レベル3

問題 更新:2019-01-18 15:58:52

本文中の空欄[ ]に入る文章として、妥当なものはどれか。

*本文非掲載

約297字

[        ]

約333字

(出典小沢朝江・水沼淑子「日本住居史」から)

  解答&解説

正解 1

解説

※著作権の都合上、本文は掲載いたしません。


空欄以前の文脈から「機能」と「意匠デザイン)」がキーワードであることがわかる。
空欄直前の一文により、空欄には「ファッションにおいて、機能が同じでもデザインが異なれば、周囲に与える影響が異なる」ということを述べている内容が入る。
各選択肢を見ると次のような定型になっている。

①「人は、Xのように服を選ぶ。(略)好みもあるだろう。でも、・・・のような服を着るのは」
 ↓
②「その服が快適だからでも、好きだからでもなく」
 ↓
③「・・・であり・・・である自分を表現するため」

ここで着目すべきは①のX部分②の一文で、③はほとんど無視してもよい。
①のX部分は②の「快適だからでも」にかかり、①の「(略)好みもあるだろう」は②の「好きだからでも」にかかっている。
したがって、①のX部分が快適さ(機能)について述べられていないと文章として成り立たない。

1.妥当である。

①のX部分は、快適さ(機能)について述べている。「気候にふさわしい服」という点も快適さ(機能)について述べられている。

2.妥当でない。

①のX部分は、快適さについて述べているとはいえない。

3.妥当でない。

①のX部分は、「快適」という単語が入っているが、文末で「気分に合わせた服」といっているので快適さ(機能)について述べられているとはいえない。雰囲気や好みについて述べられている内容である。

4.妥当でない。

①のX部分は、快適さについて述べているとはいえない。

5.妥当でない。

①のX部分は、快適さについて述べているとはいえない。

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成30年
  4. 問58


ページの
先頭へ