会員登録で講義動画、練習問題集、各種テスト、ウェブ模試などが使えます。問題数3000超。問題と連動した分かる講義動画。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成28年
  4. 問48

平成28年-問48 政治

レベル3

問題 更新:2016-12-09 00:34:27

2015年夏に成立し公布された改正公職選挙法*による参議院選挙区選出議員の選挙区・定数の改正および改正後の状況に関する次の記述のうち、妥当でないものはどれか。

  1. 選挙区のあり方を見直す必要性を指摘した最高裁判所判決が改正より前に出ていた。
  2. 定数が増加した選挙区はいずれも三大都市圏にある。
  3. 定数が減少した選挙区はいずれも三大都市圏にない。
  4. 区域が変更された選挙区が中国地方と四国地方に生じた。
  5. 改正後も全国の選挙区の総定数に変更は生じていない。

(注)* 公職選拳法の一部を改正する法律(平成27年法律第60号)による改正後の公職選挙法

  解答&解説

正解 2

解説

1.妥当である。

選挙区の見直しを促す最高裁の判決は、繰り返し行われている。改正前にも出ていたことは確かである。

2.妥当でない。

改正で、2016年から定数10増10減が実施される。
定数が増加した選挙区は、北海道、東京都、愛知県、兵庫県、福岡県であるため、いずれも三大都市圏にあるわけではない。なお、三大都市圏では、愛知県選挙区は定数6改選数3から定数8改選数4に、東京都選挙区は定数10改選数5から定数12改選数6になる。

3.妥当である。

宮城県選挙区・新潟県選挙区・長野県選挙区では、いずれも定数4改選数2から定数2改選数1に減らされる(参議院一人区)。鳥取県選挙区と島根県選挙区、徳島県選挙区と高知県選挙区とがそれぞれ合併された参議院合同選挙区となり、定数2改選数1となる。すなわち、定数が減少した選挙区はいずれも三大都市圏にはない。

4.妥当である。

改正で、鳥取県選挙区と島根県選挙区、徳島県選挙区と高知県選挙区とがそれぞれ合併された参議院合同選挙区となり、定数2改選数1となる。つまり、区域が変更された選挙区が中国地地方と四国地方に生じた。

5.妥当である。

参議院議議院の議員定数は、242人である。今回の改正によってもこの数字に変更はない。
すわなち、2016年の選挙では、2010年(平成22年)7月11日執行の第22回参議院議員通常選挙で選出された選挙区73議席と比例区48議席の合計121議席が、当選挙での改選対象となった。

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成28年
  4. 問48


ページの
先頭へ