会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成20年
  4. 問8

ご注意ください

※このページは本年度試験に対応していない場合があります。

このページの最終更新は2019年04月29日です。最終更新以降の修正は行いません。詳しくはこちらをご覧ください。

平成20年-問8 行政法 行政総論

問題 更新:2019-04-29 16:18:22

次の1から5の文章は、現行法令の規定を基にしたものであるが、これらのうち、行政法学上、行政行為の「取消し」にあたるものはどれか。

  1. 市町村長等は、消防法上の危険物の製造所の所有者、管理者または占有者が、同法に基づき当該製造所について発せられた移転等の命令に違反したときは、当該製造所の設置許可を取り消すことができる。
  2. 国土交通大臣は、浄化槽を工場において製造しようとする者に対して行う認定の基準となる浄化槽の構造基準が変更され、既に認定を受けた浄化槽が当該変更後の浄化槽の構造基準に適合しないと認めるときは、当該認定を取り消さなければならない。
  3. 国家公務員(職員)に対する懲戒処分について不服申立てがなされた場合、事案の調査の結果、その職員に処分を受けるべき事由のないことが判明したときは、人事院は、その処分を取り消さなければならない。
  4. 一級建築士がその業務に関して不誠実な行為をしたとき、免許を与えた国土交通大臣は、免許を取り消すことができる。
  5. 国土交通大臣または都道府県知事は、建設業の許可を受けた建設業者が許可を受けてから1年以内に営業を開始しない場合、当該許可を取り消さなければならない。

正解3

解説

本問は、その処分に関する個別の根拠法令や各個別の事案自体を知っている必要はなく、行政法学上の「取消し」と「撤回」の概念を知っていれば、それを当てはめて解くことが可能であり、一定の知識を前提とした現場思考型の問題である。

まず、その定義について説明する。

項目 定義 ポイント
取消し ある行政行為について、違法又は不当になされたことを理由にその効力を遡って消滅させる行為 原始的瑕疵
遡及効
撤回 適法、かつ、妥当に成立した行政行為について、後発的な事情により処分庁が、効力を将来に向かって否定する行為 後発的瑕疵
将来効

以上を踏まえて各肢を検討していく。

1.撤回。

本肢を要約すると「①危険物製造所の設置許可を受けた者が(消防法11条1項)、②移転等の命令に違反し(同法12条2項)、③設置許可の取消処分を受けた(同法12条の2第1項3号)。」という事案である。
①の時点では瑕疵はないため、「後発的瑕疵」である。
そして、①に瑕疵がない以上、①に遡って消滅させる必要はないため、「将来効」によって、その効力を消滅させることになる。
したがって、撤回にあたる。

2.撤回。

本肢を要約すると「①浄化槽の型式認定を受けた者が(浄化槽法15条)、②構造基準の変更により、③型式認定の取消処分を受けた(同法18条1項)。」という事案である。
①の時点では瑕疵はないため、「後発的瑕疵」である。
そして、①に瑕疵がない以上、①に遡って消滅させる必要はないため、「将来効」によって、その効力を消滅させることになる。
したがって、撤回にあたる。

3.取消し。

本肢を要約すると「①懲戒処分を受けた国家公務員が(国家公務員法82条1項)、②不服申立てをして(同法90条)、③懲戒処分の取消しを受けた。」という事案である。
①の時点で瑕疵があるため、「原始的瑕疵」である。
そして、①に瑕疵がある以上、①に遡って消滅させる必要があるため、「遡及効」によって、その効力を消滅させることになる。
したがって、取消しにあたる。

4.撤回。

本肢を要約すると「①一級建築士の免許を受けた者が(建築士法4条1項)、②不誠実な行為をし、③免許の取消処分を受けた(同法10条1項2号)。」という事案である。
①の時点では瑕疵はないため、「後発的瑕疵」である。
そして、①に瑕疵がない以上、①に遡って消滅させる必要はないため、「将来効」によって、その効力を消滅させることになる。
したがって、撤回にあたる。

5.撤回。

本肢を要約すると「①建設業の許可を受けた業者が(建設業法3条1項)、②1年以内に営業を開始しないため、③許可の取消処分を受けた(同法29条1項3号)。」という事案である。
①の時点では瑕疵はないため、「後発的瑕疵」である。
そして、①に瑕疵がない以上、①に遡って消滅させる必要はないため、「将来効」によって、その効力を消滅させることになる。
したがって、撤回にあたる。

  1. 過去問
  2. 年度別
  3. 平成20年
  4. 問8

ページ上部へ