会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 練習問題
  2. 行政法
  3. 行政手続法
  4. 8-13

行政手続法8-13 不利益処分(聴聞)

問題 更新:2021-12-26 14:59:45

行政手続法に規定されている聴聞手続きにおいて、不利益処分の名あて人となるべき者に対する通知書面では、通知事項の他にある一定事項について教示しなければならないとされているが、以下のうち教示しなければならないものは、どれか。

  1. 当事者以外の者であって当該不利益処分の根拠となる法令に照らし当該不利益処分につき利害関係を有するものと認められる者が、当該聴聞に関する手続きに参加することを求めることができること。
  2. 聴聞が終結する時までの間、当該不利益処分の原因となる事実を証する資料の閲覧を求めることができること。
  3. 聴聞手続きにおいて、代理人を選任することができること。
  4. 主宰者の許可を得て、補佐人とともに出頭することができること。
  5. 聴聞の主宰者の変更を請求できること。
  解答&解説
  1. 練習問題
  2. 行政法
  3. 行政手続法
  4. 8-13

ページ上部へ