会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 要点テキスト
  2. 民法テキスト6

民法テキスト6《共有の行為の種類》

《共有の行為の種類》
共有物の使用の種類 定義 権限 具体例
保存行為 共有物の現状を維持する行為 各共有者が単独でできる。 共有物の補修や修繕・共有物侵害に対する妨害排除請求・不法占拠者に対する返還請求・腐敗しやすい物の売却など
管理行為 利用行為 共有物を変更しない範囲で利益を図る行為 共有者の持分の価格により、その過半数で決定する。 賃貸借契約の締結・共有者の一人に利用させること・共有物の管理者を定めそのものに使用収益させること
改良行為 使用価値・交換価値の増加を図る行為 賃貸借契約の解除及び取消し・使用貸借契約の解除・建物の改装(改築や改造にならないもの)
変更行為 共有物の性質もしくは形状又はその両者を変更する行為 共有者全員の同意が必要。 土地の形状変更・共有地全部への地上権設定・共有山林の伐採・建物の増改築・建物の取壊し・建物の建替え・売却・売買契約の解除など
  1. 要点テキスト
  2. 民法テキスト6

ページ上部へ