会員登録で大量のオリジナル練習問題、一問一答、各種テストなどが使えます。問題数3000超。「道場生受験体験記」は必見です!

  1. 掲示板
  2. その他の質問
  3. 復代理人を選任した場合の「やむを得ないとき」の具体例
本人Aが所有している甲土地を売却するよう代理人Bに委任したが、いざ売買契約当日になって、代理人Bがインフルエンザに罹患していることが分かった。

委任を受けたとはいえ、インフルエンザに罹患している状況で、契約に行くのって人としてやばいでしょ!と思った代理人Bは、本人Aに事情を説明して復代理人Cに行ってもらうことの許諾を得ようとするも連絡が取れない。

もう約束の時間が迫っている。だがしかし、本人Aとはあいかわらず連絡が取れない。
『やむを得ない』、売買契約を締結するには復代理人Cに行ってもらうしかない。

こんなイメージはどうでしょうか。
オリジナルでストーリーを作成したので正確性は保証しません。
あやふやながら持っていたイメージと合致するので、すんなり覚えることが出来そうです。
返信ありがとうございました。
  1. 掲示板
  2. その他の質問
  3. 復代理人を選任した場合の「やむを得ないとき」の具体例

ページ上部へ